【「本日の状況」をご利用いただくにあたって】

  • 定期的に配信する「本日の状況」は、大田区の子どもの健康を放射能から守る会(以下、当会という。)が、大田区への放射能の影響及び福島第一原子力発電所事故関連情報、飲食、その他、当会が重要であると判断した情報を配信するものです。
  • 「本日の状況」は当会のメーリングリスト登録者のみ提供されます。
  • 「本日の状況」を受信するためには当会のメーリングリストに登録して頂く必要があります。
注意事項をご理解ください…
大田区の子どもの健康を放射能から守る会が発信する「本日の状況」については、下記注意事項をよくお読みの上でご活用ください。
  • 当サービスをご利用いただく前に、下記をよくお読みになり、同意していただいた方のみご利用くださいますようお願い申し上げます。
  • 当サービスのご利用にあたり、登録した時点で「本日の状況」の注意事項にも同意していただいたこととみなします。
著作権・肖像権等についての注意…
  • 文章や写真など、他人が作成したものの多くには著作権や使用権などが発生します。関連記事や話題の紹介の場合には、このことを十分に気をつけてください。
  • 「本日の状況」をML登録者以外の第三者に流す行為(Twitter、Facebook、ブログ、各自のサイト、個人送信するメールなどを含む)は禁止とさせて頂きます。
注意事項・お願い…
  • ご利用規約内容に準じます。
  • 「本日の状況」メールについて、当会は責任を負わないものとします。
  • 「本日の状況」メールはご利用のみなさん個人の判断材料としてお使いください。当データに基づき安全性を判断しないでください。
  • 「本日の状況」メールは定期的に配信しますが、当面は水曜日及び木曜日の配信は行わないことをご了承ください。
  • 「本日の状況」メールはボランティアのため、急用などがある場合は予告なく配信を行わない日がございます。
  • 配信時間はなるべく午前中に行いますが、諸事情により配信が遅れる場合がございます。
  • 「本日の状況」メール内で発信している判断事項は、万が一「福島第一原子力発電所」で公表されているより多くの漏洩や、急にトラブルが起きた場合など「最悪の状況」を想定した場合となります。従いまして、「注意が必要です」などと書かれていても実際には安全な場合があることをご了承ください。
  • 茨城県、神奈川県の放射線量が急激に上がった場合、「本日の状況」とは別に「アラートメール」を配信する場合がございますが、データ元で誤報の場合もございます。 (データ元:http://guregoro.sakura.ne.jp。データ利用の承諾済み)
  • 取り扱う情報はなるべく信憑性の高いものをお伝えしますが、全て事実とは言い切れません。
  • 携帯電話メールユーザーが多いため、取り扱う情報の「情報元」のURLなどは記載しませんのでご了承ください。
  • 「本日の状況」について個別の質問等にはお答えする義務を負わないものとします。
  • Treat this for information purposes only, do not make safety decisions based upon it.
  • Note that these are generally run by individuals, and not all readings may be accurate.
  • Do not panic because you see a high reading.
  • Someone could be getting invalid readings.
情報提供に関する説明…
  • 放射性物質の量を表わす単位=ベクレルはBqと表記します。
  • 人体が吸収する放射線の影響を表わす単位=シーベルトはSvと表記します。
  • 吸収した放射線のエネルギー総量(吸収線量)=グレイはGyと表記します。
  • 特に記載がない場合、ベクレルについては1kgあたりとし、シーベルトについては1時間あたりとします。
計測機器について…
  • CsI(Tl)を使用した国産のシンチレーション式サーベイメータの放射線測定器「TC100S」(テクノAP社製)を使用しています。
  • ガイガーカウンターとは違い、ガンマ線のみの数値となります。
    ※ガイガーミューラー管を使用した場合、ベータ線の補足とガンマ線の補足では補足率が異なるため正確な線量が測れません。
  • 計測は測定器が安定するまで待ち、その状態から5分間行い、平均値を算出しています。
  • 特に注意書きがない場合は、毎回同じ場所で計測しています。
  • 地上から高さ1mで固定して計測しています。
TC100Sのスペックは以下の通りです。
線量率範囲0.001マイクロSv/h〜50マイクロSv/h
検出器CsI(Tl)
エネルギーレスポンス+-15%(エネルギー補償)以内
エネルギーレンジ100keV〜1.5MeV
エネルギー分解能8.5%(Cs137、662keV)
感度2500cpm(マイクロSv/h)
機能線量率、積算線量、スペクトル表示
線量率エネルギー補正512段階
TC100Sについて詳細は以下をご覧ください。
テクノAP
・KEK(高エネルギー加速器研究機構)野尻奈保子先生TC100Sレビュー参考。

水道水に関する情報について…

  • 水道水については、東京都水道局が発表する測定結果を元に判断しています。
  • 代表浄水場は、金町浄水場/朝霞浄水場/小作浄水場/東村山浄水場/長沢浄水場です。
  • 発表データの検出限界値は、測定状況によって変動するようです。
    (検出限界値:0.9→翌日は0.8)
  • 検出限界値は、その測定時における「検出できる最小値」を意味しています。
  • 従って、検出限界値:0.9Bq/kgの場合、1kgあたり0.9Bq未満ということになり正確に0.9Bqということではありません。
  • このことにより、「最悪でも0.9Bq/kg」という判断ができるでしょう。
  • 正確な数値がわからない以上、「本日の状況」では検出限界値の数値が上がった場合に「数値が上がりました」と表記しています。

水源地の情報について

  • 主に、大田区の水道水に利用されている、利根川水系[矢木沢ダム/奈良俣ダム/藤原ダム/相俣ダム/草木ダム/下久保ダム/渡良瀬貯水池]、荒川水系[二瀬ダム/浦山ダム/荒川貯水池]、多摩川水系[小河内貯水池/村山貯水池/東村山浄水場]、相模川水系[相模ダム/城山ダム/宮ヶ瀬ダム]等の状況を元に判断しています。

免責ほか…

  • 大田区の子どもの健康を放射能から守る会は、当サービスに書き込みまたは登録されているすべての事柄において、その正確性や安全性等を保証いたしません。
  • 当サービスを利用して発生したいかなる損害等に関しても、大田区の子どもの健康を放射能から守る会は、責任を負わないものといたします。
  • 本利用規約に反する行為のあったユーザーに対し、事前の予告なしに当該ユーザーの利用を差し止めることができるものとします。
  • 大田区の子どもの健康を放射能から守る会は、当サービスに対して運営上不当と判断した情報や問題が起こる可能性がある書き込み、登録内容等を、ユーザーの承諾を得ることなく、当該情報を削除することができるものとします。
    (但し、当方はユーザーの利用を差し止める義務、当該情報の削除等をする義務、およびユーザーの違反行為を見張る義務、これらの情報が掲載されていることにつき監視する義務を負うものではありません
  • この内容は事前の予告なしに変更することがあります。
メーリングリスト登録方法に戻る
私たち「大田区の子どもの健康を放射能から守る会」の放射性物質測定チーム「あんしんプロヴィジョン」が、大田区から業務委託を受けて、食品の放射性物質測定室を運営しています! 大田区民は無料で測定できますので、ぜひご活用ください! 詳しくは…大田区放射性物質測定室(ニックネームは小さなお子様でも親しみやすいように「ベクレンジャー」となっております!)